【2021 ツナグ!芝公園 -SDGs村とは】

「2021 ツナグ!芝公園 -SDGs村」は、2021年に延期開催となった「東京オリンピック・パラリンピック」の開催を盛り上げ、世界中から東京に集まる人々の輪を”芝公園でツナグ!” を目的に、世界中の人々が目指すべきゴールであるSDG‘sをテーマに開催される大規模イベントです。

本プロジェクトは以下の3つの目標を掲げています。
  1. 東京の顔として大きな役割を担っている、「増上寺」「芝東照宮」「東京プリンスホテル」「東京タワー」などに囲われた芝公園を中心に、日本最古の芝公園周辺の地域活性化を目指します。
  2. 東京都公園協会協力のもと、芝公園の樹木の植え替えや剪定等に充当します。
  3. 活動収益の20%を、公園管理部所に寄贈します。
2020年春、世界的な新型コロナ感染拡大を受けて、「東京オリンピック・パラリンピック」開催が翌年に延期となりました。
また翌年の延期開催についても危ぶまれていましたが、9月13日、IOC(国際オリンピック委員会)のジョン・コーツ副会長はAFP通信の取材で、「延期された東京五輪は、新型コロナウイルスの流行に関係なく2021年に実施される。
『新型コロナを克服した五輪』という位置づけになるだろう。
東京五輪は延期された日程で始まる。」と断言されました。
これらのことを受け、プロジェクト実行委員会では、2021年「東京オリンピック・パラリンピック」開催年に、「2021ツナグ!芝公園 -SDGs村」イベントの実施を決定、さらに来年の本格開催イベントに向けたプロローグイベントを、今秋開催することで決定しました。
※SDGsとは ”2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。
17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。
https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/より引用

「2021 ツナグ!芝公園 -SDGs村」開催イメージ

2021年7月16日から9月26日まで、芝公園エリア全域で大規模なイベントを開催します。
毎日1万人以上、合計73日間で、100万人以上の方々の来場を予定、合計100万人の世界各国から来場される方々に、日本文化を発信していきます。

芝公園エリアで開催するイベントエリア

2020なんでもツナガル!芝公園-SDGs村-開催決定しました!